ラッセンにまつわる噂

英才教育にはラッセンのような環境が良い?

サイトマップ

ラッセンにまつわる噂のmainimage

子どもの英才教育にラッセンと同じ環境を与えるべき?同じ環境を与えるより、本人の好奇心を大事にする育て方が大切です。

英才教育にはラッセンのような環境が良い?

ラッセンが過ごした子どもの頃の環境を、自分の子どもにトレースしても、それでラッセンと同じような画家になれるでしょうか。

英才教育と環境について考えてみましょう。

■幼児期の環境というより11歳を過ぎてから。

クリスチャン・ラッセンの生い立ちでいうなら、彼は1956年にアメリカのカリフォルニア州、メンドシノ郡というところに生まれ、海の環境に身を置くようになったのは、11歳になってからです。

家族とともにハワイ州マウイ島に転居したのがきっかけです。

■環境だけが理想的な生育の元にはならない。

11歳になるまでのメンドシノ郡にも海の環境はありました。

ラッセンが小さな頃から海に接し、その広大さや奥深さに魅了されていったことも確かです。

幼児期の環境は大事ですが、海の環境に越したから、誰もがラッセンのように画家になれるとは限りません。

むしろそうではなく、お子様の興味がどこに向けられているかを日常の中で注意深く観察し、その思いや感覚を育ててあげることが大事です。

■誰もがラッセンのような芸術家になれるわけではありません。

子どもそれぞれの才能や意思を上手に育ててあげることが大事です。

仮に絵が得意なお子様でラッセンをめざしたとしても、ラッセンのような画家になるとは限りません。

また画家ではない道に才能がある可能性もあります。

特段ラッセンを意識して海の環境に越すこともないでしょう。

本人ならではの、興味の先にあるものや意思を受け止めてあげてください。

オススメ記事≫https://www.lifehacker.jp/2017/08/170822-what-to-tell-kids-instead-of-your-smart.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム