ヴィンテージものでないと質屋は預かってくれない?

日々のやり繰りに困って大切な楽器を質屋にと考えたとき、ヴィンテージものに相当するような楽器をもっている人は何人いるでしょうか。

レアな楽器でなくても預かってもらえることを、音大に通う私の体験からお話ししようと思います。

▽ネットにある条件がすべてではない。

私の通う大学だけではなくて、音大生には意外と苦学生が多いのです。

音大に通う人は裕福な家庭で、父や母が音楽家で…。

このようなイメージをもたれていますが、そんな人はごく一握りです。

ネットなどで調べると、東京圏内にある質屋とかでも、楽器を預けて現金を借りる場合は、ヴィンテージもの、限定台数で国内外を通じてレアなモデル品は高額などとありますが、すべての質屋がそうではありません。

▽質屋体験でわかった東京人の人情味。

東京は田舎にくらべて人間関係が希薄というイメージが強かったのですが、私は初めてその質屋にお邪魔したとき、「いろいろたいへんですね」と、私の持参した楽器を鑑定しながら、こちらの事情を細かく聞いてくれました。

利用回数が増えて、預けた楽器をきちんと引き出すことがわかってもらえれば、ヴィンテージものでなくても預かってもらえます。

▽楽器はヴィンテージものでないとNGというのは一般的な話です。

東京でも質屋は地域に根ざした人情味のある店が多いです。

大学に通っている友人で上京して一人暮らしの人は、やり繰りに苦労しています。

そのうちの数人は質屋を利用していますが、楽器を預かってもらえなかったという話は一度も聞いたことがありません。

オーナーの判断で、このお客なら大丈夫と認めてもらえれば普通の楽器でも預かってもらえます。

コメントは受け付けていません。